忍者ブログ

--------------------

[国立駅] ブログ村キーワード
--[PR]--
このサイトの運営は
以下の広告費収入を元にしています




グーグル
Google Sitemaps用
XML自動生成ツール

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[11/25 musashimarumaru]
[10/31 ねぼけうさぎ]

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

FX NEWS


-外国為替-

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.12.16 |

国立駅舎について東京都およびJR東日本と協議した結果の説明および今後の取り扱いについて

NPOいきいき市民ネットのメルマガより引用

10月30日、午後7時から9時。市役所3階大会議室
 <国立駅舎について東京都およびJR東日本と協議した結果の説明および今後の取り扱いについて>

 9月29日の説明会につづいて、その後の国立市の協議項目(5項目)への東
京都およびJR東日本の回答を踏まえての今後の駅舎の取り扱いての説明がされ
る。ぜひ多くの市民に参加していただきたい。

 国立市の協議項目への東京都およびJR東日本の回答は市報(10/20号)
に掲載されておりますのでお読みいただくとして、解体した部材を一時、保管す
る場所は南市民プラザからインター入り口500mほどにある開発公社の土地。
ここの保管倉庫をつくる予定。
 しかし、国立市の協議項目の5項目に「解体された駅舎の部材を保管する倉庫
の建設費は、連続立体交差事業費で負担願いたい」とあるが、東京都、JR東日
本の回答は「NO」。国立市の負担で……と突っぱねられた。

 9月29日の説明会に参加した者として、5項目に関してははっきり「NO」
と答えが出たが、1から4までに関して合意的雰囲気はあるが具体的なことは
まったく見えてこなかった。
 6年先、果たして元の場所に、元どおりに近い駅舎が建つか、難問山積みとい
った感をぬぐいきれなかった。
 また、「曳き屋」方式と「解体改築」方式費用はほぼ同じ額とに説明があった。
曳き屋方式が5、6千万円で、「解体改築」は2億円といわれ、曳き屋賛成の
一番の根拠はここにあったのだが。この2億円はどこから出てきたのか?

拍手[0回]

PR

2006.10.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 国立駅舎

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]